作品コンテスト

マリンちゃんの5着目のセーターの裾はかぎ針でプリプリッとフリルのようにして、
ワンピース風になる予定・・・あくまでも予定・・・・

編むのはよいけど、とじかたが適当だった。
右と左が段違いになるほど適当。
人には見せられないとじかただった。

いま、母にあれこれ教わっているところ。

わたしと母の会話を聞いていたちびっ子が、
「編み物業界の言葉って難しいね~」
と言っていたのが可愛かった。

編み物上手な母、靴下カバーをよく編んでいる。

20150213-001.jpg

20150213-003.jpg


20150213-002.jpg
(ちびっ子ちゃんの足です)

お友達にもプレゼントしたり、編み方を教えたりしているんだって。

可愛らしいので作品コンテストに出してみないかと勧めたら、
出してみるって言ってくれたので、応募してみた。

あみもこびよりの毛糸作品コンテスト
←こちらをクリックすると、まさこさんの作品が出てきます。
もしよかったら、ワンポチお願いします!(^^)!
いや・・・ぜひ、ぜひ投票をお願いします。


20150213-004.jpg
「今日は、オレは出番なしかぁ・・・」
にほんブログ村 犬ブログ 大型犬へ
にほんブログ村

ラブラドール・レトリバー ブログランキングへ

スポンサーサイト

長男にも次男にも言い続ける

二本足の長男が小さい頃いつも言っていた。

「口はとじる!」
「いつも口を開けていたら間抜けに見える!口はとじる」

ある日、息子が言った。
「口をとじたら苦しい」

えっ・・・・?

なんと息子は鼻で呼吸ができない。
口で呼吸をするため口を開けていたのだ。
息子はアレルギー性鼻炎だった。

四本足の次男坊にもいつも言っている。
「口はとじる、ベロをしまう!」

IMG_1456-1.jpg
「あ~ん、なんだって~?」

「だから口はとじる、ベロはしまう!」

「ほほ~い」

IMG_1461-1.jpg
「まだ少しベロが出ている!」

「うるさいなぁ」

「うるさいとは何事だ!
 身体はまっすぐにする!斜めにならない!」


IMG_1458-1.jpg
「はい、はい。わかりました。
 ベロはしまえばいいんでしょ、はい、はい。」


「返事は1回!」

手作り

千葉に来て長い夜を持て余すようになった。
お裁縫をしようかと思ったのだが、ミシンを買わなければならないし、
我流のお裁縫をしだすと、部屋中に道具や生地や糸が広がる。


・・・・・という訳でかぎ針にした。

小学生頃まではよく針と糸を持って何かしら編んでいた。
あれから30年以上が経ち、編み図すらわからなくなっていた。

ふたつき入れ物

第一作目。
フタ付の小物入れだ。

一つ出来上がると異常に創作意欲にかられ、
毎晩毎晩、璃空の相手もせずせっせと編み続けることになった。
次は、ペットボトルカバーをアップしよう。

Pagination

Utility

プロフィール

ひろえ

Author:ひろえ
2008年3月26日。
生まれ育った北海道からはるばる千葉へ赴いた。
まるで異国に行くような思いだった。
2008年5月30日。
憧れの黒ラブくんと運命の出会い。
2010年8月5日。
一身上の都合により北海道に帰ってきた。
2012年5月27日。
可愛いヨーキーちゃんが家族の仲間入り。

★登場人物紹介★
わたし、母ちゃん → 管理人
璃空 → 主人公の黒ラブくん
マリン → 同じく主人公のヨーキーちゃん
ちびっ子 → 管理人の姪
ちびっ子のママ、妹 → 管理人の妹
お父さん、お母さん → 管理人の親

馬鹿は自分を中心に地球が回っていると信じているが、
利口な人はそうではないことを知っている。
これはわたしのモットーである。

100人いれば100の常識があるということも忘れちゃいけない。

自分の人生の主人公は自分であるということも忘れちゃいけない。

璃空のこと

にほんブログ村

ブログランキング

ランキングに参加中です
どうぞよろしくお願いします

楽天からのお知らせ

ご訪問者様

人気ブログランキング

気が向いたときにしか更新しないくせに、ランキング上位を狙っていたりする。憧れは「コメントが多いのでお返事が遅れています」と書き込むこと。