スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドッグランに行くの巻

  • 2009/09/06 18:28
  • Category: 璃空
「昨日はどこにも連れて行ってもらえなかった」

「・・・・・」

「今日はどこかに連れて行ってくれるよね」

「・・・・・」

「児童虐待だ!怠慢だ!訴えてやる」







ということで行ってきました。ドッグラン。

茂原 すいらんにあるドッグラン。
2000坪以上の敷地の中に11ものランがある。
大きなワンコ専用、貸切のランも用意されている。

自宅からで約30分。
わたしも璃空も昼食前だったのでまずはレストランに直行。
何度もここにきている璃空はランよりレストランのほうがお気に入りのようで、
レストランに向かってさっさと歩きだす。

待て

「ハンバーグはまだかい?ミルクも頼んでくれただろうね」

「ちっ。うるさい奴だな。頼んだってば」

ランチ

ひじきハンバーグ、そしてヤギミルク、デザートもついていた。
もちろんあっというまに完食。それもものの数秒で。

急いで食べてすぐにランに向かう。

走るリックン
嬉しそうに走る璃空。

走るリックン1
生き行きと走る璃空。


しかし・・・・足がとまった。
のぞき見
璃空の視線の先には小さく可愛いワンコがいっぱい。
「僕もあっちに行きたい」
「無理に決まっているでしょ」
「やっぱりか。あっ!あっちにデカイ兄貴が!!」
シェパード
「兄貴、まだまだ若造ですがなにとぞよろしく」
「あっ!!あっちに超可愛い子が」
落ち着きのない奴だ・・・参る・・・

ファーストキス

なんと猛アプローチの末、チュウをしてしまった。
正式にお付き合いもしていないのに、親として放っておいてよいのだろうか。

しかし・・・・璃空の嫁にするにはあまりにもかわいそうな大きさだ。
どうしよう・・・・

彼女1

心配をよそに璃空は新しい彼女を発見。
年上のイエローラブちゃんの「メイちゃん」

彼女2

「ちょっと璃空それじゃあストカーだよ」
そしてまた雷が落ちる。

「リクーッ!いい加減にしろ!」
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://riku0421.blog91.fc2.com/tb.php/11-42b222bc

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

ひろえ

Author:ひろえ
2008年3月26日。
生まれ育った北海道からはるばる千葉へ赴いた。
まるで異国に行くような思いだった。
2008年5月30日。
憧れの黒ラブくんと運命の出会い。
2010年8月5日。
一身上の都合により北海道に帰ってきた。
2012年5月27日。
可愛いヨーキーちゃんが家族の仲間入り。

★登場人物紹介★
わたし、母ちゃん → 管理人
璃空 → 主人公の黒ラブくん
マリン → 同じく主人公のヨーキーちゃん
ちびっ子 → 管理人の姪
ちびっ子のママ、妹 → 管理人の妹
お父さん、お母さん → 管理人の親

馬鹿は自分を中心に地球が回っていると信じているが、
利口な人はそうではないことを知っている。
これはわたしのモットーである。

100人いれば100の常識があるということも忘れちゃいけない。

自分の人生の主人公は自分であるということも忘れちゃいけない。

璃空のこと

にほんブログ村

ブログランキング

ランキングに参加中です
どうぞよろしくお願いします

楽天からのお知らせ

ご訪問者様

人気ブログランキング

気が向いたときにしか更新しないくせに、ランキング上位を狙っていたりする。憧れは「コメントが多いのでお返事が遅れています」と書き込むこと。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。