よくない行動だとわかりつつ

  • 2010/10/29 19:32
  • Category: 璃空
怒りとか、悲しみとかそんな負の出来事を、
自分の中で解決もせずにこういう公の場所で吐き出すのはよくない。

わかっている。

十二分にわかっている。

でも、吐き出さなければどうしようもないときもある。

両親は留守だ。

留守だ。

母の知人がやってきて対応するのはわたしである。


夕方の散歩のあと、約1時間ほどお風呂に入りスッキリ!!
あとは璃空の夕ご飯と自分の晩酌タイムだ。
璃空のご飯を作っていたら誰かきた。

時間は18:00ちょっと前。
もう外は真っ暗。

玄関に出てみると、ご近所のHのばあさんだ。
(※Hのばぁさん=長谷川の婆さん)

パン屋さんに勤めている友人からもらったという見切り品のパンを持ってきてくれた。
毎回、賞味期限はすでに切れている。
が、あれこれ言わずお礼を言って頂いている。

今日はHのばあさん、孫を連れてきた。
小学校の4年生くらいの男の子。

璃空を見たいのだと言う。

が・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

璃空は子供が苦手だ。
散歩中も男の子、それも小学4~6年生がいると背中の毛が逆立つ。

そして必ず吠えてしまう。

ちなみに、璃空はこのHのばあさんのことすら苦手で吠えてしまう。

すでに、居間で気が狂ったように吠えている。

璃空のことを知っている人なら不思議でしょ・・・・?
そんなに璃空が吠えるなんて。

わたしは「キッパリ」と断った。
璃空は子供が苦手なので、すでに吠えている。
もし見たいのであれば、今度、外が明るいうちに外で見てほしいと。

が、その男の子はいつの間にかスルリとわたしの側を通り抜け、
すでに靴を脱いであがりこんで、居間へのドアを開け、
吠えまくっている璃空をのぞきこんでいる。

さらに吠える璃空。

わたしはもうパニックを起こしていた。

Hのババァは孫に言っている。
「ほら、怖い犬なんだからやめなさい」

カチ~ン(怒)

璃空を怖がらせているのはあんたたちだろうが!!!!!!!!!!!!!!!

わたしはさらに謝った。

吠えて申し訳ない
見たいと言ってくれたのに子供が苦手で申し訳ない
いま、ご飯を作って食べるのを待っていた
なので余計に吠えたはず
ごめんなさい
今度ね
今度、明るいときのお外でみてね

しかし、その クソガキ 男の子はそれでも見たいと言い張る。

わたしは根負けしてしまった。

いったん家に入りリードをつけて玄関に出した。

「うわっ!デカイ、熊みたいだ。こわい~」
「帰ろうよ」







だから言ったじゃん・・・・

おかげでフローリングが傷だらけ。
暴れたから傷だらけ。

父ちゃんと母ちゃんにどうやって謝ったらいいものかぁ・・・・

クソババァ!!!!!!!!!!!!!
二度とクソガキを連れて家に来るな!!!


母に、すぐに電話した。
フローリングを傷だらけにしたことを謝った。
そして、Hのババァとは今後一切付き合うなと命令してやった。

あまりにも非常識だと思うのはわたしだけかな。

だいたいにしてわたしの住んでいる北海道岩見沢市上幌向(かみほろむい)というところは田舎すぎる。
犬に対して100万年前くらいの知識しかないに違いないから田舎だと・・・

北海道に帰ってきて3か月になろうとしている。
あちこにワンコがウジャウジャいるとわかってきた。

上幌向というのは金持ちが多いのか、犬たちはみんな自分専用の一軒家を持っている。
あっちの黒ラブもイエローラブもフラットコーテッドもシェパードも。
ゴールデンもコーギーも柴もボーダーコリーも。
みんな、自分の家を持っている。
そう、自立した犬達は外の犬小屋で一人暮らしをしているんだ。
自立してるせいか、リードをつけて歩いている姿をみたことがない。

ゴミステーション(ゴミ捨て場)に不思議な看板が張られている。

ペットの散歩に必要なものは4つあります
①リード
②首輪
③うんち袋

4つ目、なんだと思う?

なんと 飼い主 なのだ。
散歩に飼い主が必要と掲げられているだけでも、
どんな犬事情の街かわかるってもんだよなあ。

ボーダーコリーを飼っている人に聞かれた。
「餌は何回やっている?」

わたしは璃空に餌はやっていない。
餌じゃない、ご飯だ!食事だ!
まぁ、そこを言っても仕方ないので、
「今は2回ですけど」
(※千葉で会社に一緒に出社していたときは3回。
  もちろん、一日に必要な分を3回にわけてだけどね)

「やっぱり(深いため息をつかれた)
 間違っているよ、2回もあげるの。
 1回でいいんだから。
 あげればあげるほど調子にのって欲しがるから。
 犬の胃も2回欲しがるようになるから。
 2回もあげちゃダメだよ」

「うちは、ご飯とかオヤツは手作りだから・・・
 カロリー計算もしているから平気なんですよ」

「はぁ(さらに深いため息とわたしを馬鹿にした目)
 そんな犬の飼い方しちゃダメだわ。
 今度遊びにおいで、犬の飼い方教えてあげるから」

教えてもらわなくて結構です!



にほんブログ村 犬ブログ 大型犬へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://riku0421.blog91.fc2.com/tb.php/316-e93a1a47

Utility

プロフィール

ひろえ

Author:ひろえ
2008年3月26日。
生まれ育った北海道からはるばる千葉へ赴いた。
まるで異国に行くような思いだった。
2008年5月30日。
憧れの黒ラブくんと運命の出会い。
2010年8月5日。
一身上の都合により北海道に帰ってきた。
2012年5月27日。
可愛いヨーキーちゃんが家族の仲間入り。

★登場人物紹介★
わたし、母ちゃん → 管理人
璃空 → 主人公の黒ラブくん
マリン → 同じく主人公のヨーキーちゃん
ちびっ子 → 管理人の姪
ちびっ子のママ、妹 → 管理人の妹
お父さん、お母さん → 管理人の親

馬鹿は自分を中心に地球が回っていると信じているが、
利口な人はそうではないことを知っている。
これはわたしのモットーである。

100人いれば100の常識があるということも忘れちゃいけない。

自分の人生の主人公は自分であるということも忘れちゃいけない。

璃空のこと

にほんブログ村

ブログランキング

ランキングに参加中です
どうぞよろしくお願いします

楽天からのお知らせ

ご訪問者様

人気ブログランキング

気が向いたときにしか更新しないくせに、ランキング上位を狙っていたりする。憧れは「コメントが多いのでお返事が遅れています」と書き込むこと。