頭を強打した朝の話しの続き

  • 2010/12/01 10:33
  • Category: 璃空
そんな訳で、耐えがたい痛みの中、晩酌の心配をしていたわたし。

ついつい、、、眠たくなってきた。

ほら・・・老人って朝早く起きて朝食を食べた後に寝ているじゃない?
あれ、あれ!!
わたしも眠たくなってきた。

が、両親が午前中、出かけるので家のことをしなければならない。
寝ている暇などないんだ。

わたしは、ひどい痛みを我慢しながら朝食の片付けをした。
なんて健気なんだろう・・・・わたしって。
食洗機に食器を入れ、洗濯機に洗濯ものを放り込んだ。

やれやれ・・・疲れた。

外を見ると、雪もやみお天気になっている。

20101130-001.jpg

激しい頭の痛みに耐えながら、カメラを持って外に出た。

20101130-002.jpg

童謡で♪犬は喜び庭駆け回り♪って歌詞があるけれど、
本当に喜んで庭を駆け回っている姿を見たときは笑った。

20101130-003.jpg

20101130-004.jpg

本当だ、冷たそうだね。

20101130-005.jpg

20101130-006.jpg

わたしの母親が、本気で心配していた。

『璃空に履かせる靴を買った方がいいんじゃない?』

20101130-007.jpg

雪が降るまで気づかなかったのだけど、庭にこんな赤いものがあった。
しなびて、カサカサで気の毒な状態だけど真っ赤で綺麗だった。
これ、スズランなんだって~

最初はこれの仲間かと思ったのだ。

20101130-009.jpg

イチイの木の実。
北海道ではこの木のことを「オンコ」と呼んでいる。

20101130-008.jpg

ほおずきも寒そうに縮こまっていた。

寝雪はまだまだ先の北海道。
月曜日に降った雪も日当たりのよい場所ではとけたが、
秋と冬の混じった景色ももう少しで見納めになるだろう。

にほんブログ村 犬ブログ 大型犬へ
にほんブログ村


頭を強打したときは速やかに病院に行きましょう。
わたしは晩酌の心配をして行かなかったため、
翌朝には死んでいるのではと不安を抱えながら寝るはめになりました(笑)




スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://riku0421.blog91.fc2.com/tb.php/332-ffdf3d02

Utility

プロフィール

ひろえ

Author:ひろえ
2008年3月26日。
生まれ育った北海道からはるばる千葉へ赴いた。
まるで異国に行くような思いだった。
2008年5月30日。
憧れの黒ラブくんと運命の出会い。
2010年8月5日。
一身上の都合により北海道に帰ってきた。
2012年5月27日。
可愛いヨーキーちゃんが家族の仲間入り。

★登場人物紹介★
わたし、母ちゃん → 管理人
璃空 → 主人公の黒ラブくん
マリン → 同じく主人公のヨーキーちゃん
ちびっ子 → 管理人の姪
ちびっ子のママ、妹 → 管理人の妹
お父さん、お母さん → 管理人の親

馬鹿は自分を中心に地球が回っていると信じているが、
利口な人はそうではないことを知っている。
これはわたしのモットーである。

100人いれば100の常識があるということも忘れちゃいけない。

自分の人生の主人公は自分であるということも忘れちゃいけない。

璃空のこと

にほんブログ村

ブログランキング

ランキングに参加中です
どうぞよろしくお願いします

楽天からのお知らせ

ご訪問者様

人気ブログランキング

気が向いたときにしか更新しないくせに、ランキング上位を狙っていたりする。憧れは「コメントが多いのでお返事が遅れています」と書き込むこと。