スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

体力・気力ともに回復した璃空

  • 2011/06/15 10:53
  • Category: 璃空
手術から3日が過ぎた。

昨日の夕方で両親は帰ってしまった。

璃空は驚くほどの回復力を見せつけてくれた。

土曜日、そして日曜日の弱々しかった璃空がちょっぴり懐かしいほど元気。

青いカラーもいやがることなく、そして璃空なりに上手に付き合っている。
ぶつかりながらもソファーやベッドにあがれるようになり、
トイレ散歩もカラーをつけたままできる。

そうそう、トイレというか散歩。

抜糸するまでお散歩は禁止。

璃空のように外でしか用を足せない子は、アスファルトの上だけ。
草むらには進入禁止なのだ。

璃空はあっちで「ちっ」こっちでも「ちっ」
まるで膀胱炎になりそうなほど小出しにするので心配だった。

でも不思議なことに、1ヵ所でしっかりと腰をおろしまとめて用を足す。
30分以上歩かなければうんちもしなかったのに、
おしっこのあとに、ちゃんとする。
場所もアパートの裏の空き地って決まっている。
本当に不思議だ。
もしかすると「やれば出来る子」だったのかも。

今朝、シャワーから出てきたわたしはアパート中に響き渡るほどの叫び声をあげてしまった。

璃空がソファーにちんまりと座って、傷口を舐めている。

カラーはソファーの下に落ちている。

20110611-006.jpg
(土曜日の写真です)

後ろ足でお耳を掻くようにすると、足が留め具にひっかかり簡単に外れると知った璃空。
(写真だと上の部分の色が濃くなっているところ)


留守番中に外されると、抜糸しなくてもいいほど舐めるに違いないので、
今日は留め具の部分に布テープを貼ってきた。

カラーを外すのも元気になった証拠だね。

にほんブログ村 犬ブログ 大型犬へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://riku0421.blog91.fc2.com/tb.php/383-cf60b5bc

Utility

プロフィール

ひろえ

Author:ひろえ
2008年3月26日。
生まれ育った北海道からはるばる千葉へ赴いた。
まるで異国に行くような思いだった。
2008年5月30日。
憧れの黒ラブくんと運命の出会い。
2010年8月5日。
一身上の都合により北海道に帰ってきた。
2012年5月27日。
可愛いヨーキーちゃんが家族の仲間入り。

★登場人物紹介★
わたし、母ちゃん → 管理人
璃空 → 主人公の黒ラブくん
マリン → 同じく主人公のヨーキーちゃん
ちびっ子 → 管理人の姪
ちびっ子のママ、妹 → 管理人の妹
お父さん、お母さん → 管理人の親

馬鹿は自分を中心に地球が回っていると信じているが、
利口な人はそうではないことを知っている。
これはわたしのモットーである。

100人いれば100の常識があるということも忘れちゃいけない。

自分の人生の主人公は自分であるということも忘れちゃいけない。

璃空のこと

にほんブログ村

ブログランキング

ランキングに参加中です
どうぞよろしくお願いします

楽天からのお知らせ

ご訪問者様

人気ブログランキング

気が向いたときにしか更新しないくせに、ランキング上位を狙っていたりする。憧れは「コメントが多いのでお返事が遅れています」と書き込むこと。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。