スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嬉しい出来事

  • 2009/09/30 11:43
  • Category: 璃空
わたしは璃空と一緒に会社に来ている。
同伴出勤?いやいや、コブ連れ?

そうではない、こう見えても(どう見えるんじゃ)璃空は会社で一番えらい。
璃空名刺
なんと代表取締役なのだ。こうして名刺まである。
日々、おしっこをかけやすい壁、塀、電柱の研究をし、
さらには穴掘りも得意とする会社だ。

璃空お散歩係というのがいる。
朝、昼、夕方、それぞれ1時間。一日最低3時間はお散歩するという業務内容だ。

先月末わたしが外出中、お散歩中に璃空は竹林で捨てられていた赤ん坊子犬を見つけた。
璃空はたいそうお兄ちゃんぶって赤ん坊の面倒を見ていたそうだ。
わたしが戻ってから、その赤ん坊子犬を保護しに行った。
璃空の妹分になる予定だった・・・・が、
たまたま散歩していたおじいさんが、捨て犬だと知りさっさと連れ帰ってしまった。
そのおじぃさんは璃空と同じ黒ラブ(16歳)と散歩していたのだ。
わたしは安堵したような、寂しいような複雑な気持ちだった。

先日、その捨てられていたワンコに会った。
とても幸せそうに遊んでいた。

子犬1

子犬2

先住犬の黒ラブが必死で妹分を守っていた。

スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://riku0421.blog91.fc2.com/tb.php/55-d2d38a3c

Comment

まとと

何犬なの?
  • URL
  • 2009/09/30 13:19

ひろえ

★まととさん★

先月みたときはゴールデンと何かのMIXだと思いました。
先日みたときは、ゴールデンではなくイエローのラブラドールちゃんと何かのMIXではと思いました。
尻尾がクルリンと上がっているから日本犬、柴犬とかでしょうかね・・・?

この写真のときで生後二ヶ月ちょっとくらいだそうです。

璃空が見つけたときはまだ一ヶ月程度の目もよく見えていないような、
小さな小さな赤ん坊でした。

璃空のお腹の下に潜り込んでお乳を探していたそうです。

アテナママ

ラブミックスに見えますね。かわいいなぁ。
それに2人も飼い主に名乗りを上げようとしていたなんて、なんて言う強運の持ち主なんだろう。
それにしたって、近くに兄弟やお母さんがいなかったってことは人間の手で捨てられたんですよね。リクくんや、先輩ワンコでさえ自然に命を守ろうって行動できるのに、どうして捨てて行くなんて事ができるんだろう。
  • URL
  • 2009/09/30 15:49

ひろえ

★アテナママさん★

この子は本当に強運の持ち主だったのです。

わたしの話を聞いた友人のお友達さんも名乗り出てくれていたのです。
3人も、この子の親になろうとしていたのです。

璃空が見つけたとき捨てられてそう時間が経っていなかったと思うのです。
お腹がふくれているような感じでした。

飼えないのなら、望まない出産をさせないようにする。
飼ったら最後まで責任を持つ。
どうしようもない事情が出来たなら新しいパパさんママさんを見つける。
(飼い続けることが出来ない事情なんてないと思うのですが)

絶対に殺傷処分を受けさせちゃいけないですよね・・・。

MIXちゃん良かった(*´ -`)(´- `*)ネェー
幸せになるんだよぉ(*´ェ`*)ポッ

小さいから、まだ拾う人もいるだろうと、安易に考えてたのですかね…
うちの実家に居るカイは、出来ちゃった結婚の末、嫁の実家に居候することになり、嫁の実家では犬はダメだと言われ、飼えなくなったから、保健所連れてくとの話を、私の父が聞き、うちで引き取る事にしたんです。

けどね、元の飼い主がカイをうちに置いていった時、
カイは涙を流してたんですよ。
ずっと、元の飼い主を待ってるようでした。
今では、すっかり家の子になりましたけどΣ(ノ∀`*)ペチン
私、捨てるくらいなら、最初から飼うな!と言いたいわぁ…

ひろえ

★華さん★

道路からかなり奥の竹林にいたんですよ。
たまたま璃空が竹林に入り込んで見つけたのです。
滅多に人が入る場所ではないんです・・・

ご実家のカイくん、いまは幸せですね。
よかったです(涙)
華さんのお父様がいなければと思うと。
切ないですね。
カイくんはきっとわかったのでしょうね。
自分はこの飼い主と離れることになったって。
わかっていてもしばらくは待ち続けたんだろうな。
辛いですね。

年間恐ろしいほどのワンコやニャンコが殺傷処分されているそうですよね。
この類の話になるとすっごくあつくなっちゃいまして。
ブレーキがきかなくなるのです(汗)

簡単にワンコを捨てる人もいれば、
こちらで出合った人たちのように、大切に大切にしている人もいっぱいいる。
ワンコの幸せを心から願って一緒に生活している人もたくさんいるんですよね。

わたしは・・・いま、長男坊より次男坊の璃空が可愛いです。
長男はもう大人だし1人で生きて食べていける。
でも、璃空は一生、わたしの大事な赤ん坊ですから。
わたしがずっと大切に守ってあげなければなりません。

真っ黒のアイツのためならいくらでも親バカになれます(笑)

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

ひろえ

Author:ひろえ
2008年3月26日。
生まれ育った北海道からはるばる千葉へ赴いた。
まるで異国に行くような思いだった。
2008年5月30日。
憧れの黒ラブくんと運命の出会い。
2010年8月5日。
一身上の都合により北海道に帰ってきた。
2012年5月27日。
可愛いヨーキーちゃんが家族の仲間入り。

★登場人物紹介★
わたし、母ちゃん → 管理人
璃空 → 主人公の黒ラブくん
マリン → 同じく主人公のヨーキーちゃん
ちびっ子 → 管理人の姪
ちびっ子のママ、妹 → 管理人の妹
お父さん、お母さん → 管理人の親

馬鹿は自分を中心に地球が回っていると信じているが、
利口な人はそうではないことを知っている。
これはわたしのモットーである。

100人いれば100の常識があるということも忘れちゃいけない。

自分の人生の主人公は自分であるということも忘れちゃいけない。

璃空のこと

にほんブログ村

ブログランキング

ランキングに参加中です
どうぞよろしくお願いします

楽天からのお知らせ

ご訪問者様

人気ブログランキング

気が向いたときにしか更新しないくせに、ランキング上位を狙っていたりする。憧れは「コメントが多いのでお返事が遅れています」と書き込むこと。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。