スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

腹がたった散歩の出来事

  • 2013/05/20 16:32
  • Category: 璃空
璃空ちゃんの母の日のひとり言や、
璃空ちゃんに届いたプレゼント。
そんなことを書きたいのだけど、
今日は写真もな~んにもない怒りの記事を。

昨日、璃空とマリンはおニューのお揃いのお洋服を着て、
(お洋服の写真は後日ね・・・)
ルンルンしながらお出かけした。

って言ってもいつものジョイフルAKなのだけどね。

曇り空だったけど温かかったので人気の公園に寄った。

妹ちゃんとちびっ子は遊具で。
わたしと璃空とマリンはお散歩ということでルンルン♪

だってね、璃空ちゃん無料しつけ教室卒業生だから、ピシッと歩けるでしょ?
璃空ちゃんがピシッと歩けるからマリンも真似するんだよね。

大型犬と小型犬のリードを軽く持って優雅に散歩なんて、
なんまらカッチョいいんじゃない?
期待に胸を膨らませ車を降りたわよね。

あれ・・?
璃空ちゃん興奮しているし。

しばらくお座りさせて様子を見るも興奮をしずめられない。

マリンはギャンギャン吠えている。

妹ちゃんとちびっ子がどんどん先に進むものだから、
キュンキュンと鳴きはじめた璃空。

チョークをかけながらようやく公園内に入ったが興奮中のまま。

まずいな。
これはいったん車内に戻ったほうがいいかも。
そう思っていたら前方から白い和犬を連れた老夫婦がやってきた。

和犬のほうは、璃空とマリンを見て興奮度120%超えでギャンギャン吠えている。

それに気づいたマリンが負けずと吠える。

何事かと驚いた璃空が一番野太い声で吠えている。

そんな状態になったので別方向へ連れて行こうとしたが、
ここで引き下がるわけにはいかないという男気を見せた璃空が引っ張る。

老夫婦は吠えている自分の犬を連れどんどん側に寄ってくる。

一触即発状態まで近づいてきた。
和犬は背中の毛が逆立って、歯茎を見せて吠えている。
尻尾はユラッユラッと怪しく揺れている。

「お互いに相性が悪いようですから近づけるのやめましょう」

わたしはそう言った。

言ったのに、さらに歩み寄ってくる。

絶対に近づけちゃいけない。
マリンもいることだし。

「だいじょうぶだって」

「いえ、無理です。
 お互いに離しましょう!」

そう言ってわたしが下がっているのにさらに近寄ってくる。

「ごめんなさい!離れてくれますか!」

「だいじょうぶだっての、お互いに尻尾振ってるべ?」

「いえ、大丈夫じゃないですよ。 
 そちらのワンコ、背中逆立っているし、牙向いていますよ」

「だいじょうぶだって、そっちの犬も尻尾振ってるべ」

わたしは渾身の力をこめて璃空をひっぱりその場から離れることに成功した。

捨て台詞が聞こえた。

「犬のこと知らない奴が犬を飼うから困るよな~」

たしかにわたしは犬のことを知らない。
璃空とマリンしか知らない。

先日、無料しつけ教室で田中友子先生に教わったばかりなのだ。
犬同士で突然噛まれるのは、ほぼ噛まれたほうが悪いですよって。
相手のテリトリーを突然、侵してくるからだって。
犬同士を挨拶させるときは、お互いの犬をまずは後ろに下がらせ、
年下の仔が先にクンクンされるっていうルールだよって。
いきなり顔と顔を突き合わさせるのはダメですよって。
想像してみてって言われた。
小さなエレベーターに1人で乗っているときに、
知らない人が乗り込んできていきなり顔がくっつきそうなほど近寄ってきたらって。
そういう感じなのよって教えてもらった。

璃空とマリンの興奮をしずめられなかったわたしが一番悪いんだけどね・・・
なんだか腹がたった。

オレはマリンを守ろうとしていたんだぞ~璃空~
にほんブログ村 犬ブログ 大型犬へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://riku0421.blog91.fc2.com/tb.php/625-843ac35d

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

ひろえ

Author:ひろえ
2008年3月26日。
生まれ育った北海道からはるばる千葉へ赴いた。
まるで異国に行くような思いだった。
2008年5月30日。
憧れの黒ラブくんと運命の出会い。
2010年8月5日。
一身上の都合により北海道に帰ってきた。
2012年5月27日。
可愛いヨーキーちゃんが家族の仲間入り。

★登場人物紹介★
わたし、母ちゃん → 管理人
璃空 → 主人公の黒ラブくん
マリン → 同じく主人公のヨーキーちゃん
ちびっ子 → 管理人の姪
ちびっ子のママ、妹 → 管理人の妹
お父さん、お母さん → 管理人の親

馬鹿は自分を中心に地球が回っていると信じているが、
利口な人はそうではないことを知っている。
これはわたしのモットーである。

100人いれば100の常識があるということも忘れちゃいけない。

自分の人生の主人公は自分であるということも忘れちゃいけない。

璃空のこと

にほんブログ村

ブログランキング

ランキングに参加中です
どうぞよろしくお願いします

楽天からのお知らせ

ご訪問者様

人気ブログランキング

気が向いたときにしか更新しないくせに、ランキング上位を狙っていたりする。憧れは「コメントが多いのでお返事が遅れています」と書き込むこと。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。