スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カラスの親子と璃空とわたし

  • 2013/06/14 16:48
  • Category: 璃空
会社には大きな工場がある。
午前中、荷物の搬入がありシャッターを開けに行った。
すると小さなカラスがピヨピヨ歩いている。
まだ飛べない赤ん坊のようだ。
工場の横の木に、カラスが二羽いる。
木から落ちてしまったのだろうか。

あちこち、跳ねるようにして移動している赤ん坊カラス。
親ガラスが心配しているのかしきりに飛び回っている。

20130614-001.jpg


いろんな思いで赤ん坊カラスと親ガラスを見ていた。

誰にも教わることなく、ネットで検索することもなく、
ただ本能で子育てする動物。

情報も豊かで、そして便利なものに囲まれていても、
子育てを放棄したり、虐待をする人間。

もちろん飼育放棄する動物だっているけど。

夕方になっても赤ん坊カラスはまだ会社のまわりをウロチョロしている。
カラスは苦手なのだけど・・・
親ガラスのもとに帰れるといいなぁ。


璃空がいるのは、わたしん家というごくごく小さな場所だけど、
この小さな場所は犬社会ではなく人間社会だ。

わたしは璃空が大事で、大好きで、まるでわが子のようで。
でも、璃空は犬でわたしは人間であるということはわかっている。
わたしが犬社会にあわせるわけにはいかないので、
璃空に、人間社会にあわせてもらう必要がある。
それがしつけなんだと今は理解している。

わたしと璃空がもっと穏やかに幸せに暮らしていくためのしつけなのだ。


にほんブログ村 犬ブログ 大型犬へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://riku0421.blog91.fc2.com/tb.php/636-6ae18c13

Utility

プロフィール

ひろえ

Author:ひろえ
2008年3月26日。
生まれ育った北海道からはるばる千葉へ赴いた。
まるで異国に行くような思いだった。
2008年5月30日。
憧れの黒ラブくんと運命の出会い。
2010年8月5日。
一身上の都合により北海道に帰ってきた。
2012年5月27日。
可愛いヨーキーちゃんが家族の仲間入り。

★登場人物紹介★
わたし、母ちゃん → 管理人
璃空 → 主人公の黒ラブくん
マリン → 同じく主人公のヨーキーちゃん
ちびっ子 → 管理人の姪
ちびっ子のママ、妹 → 管理人の妹
お父さん、お母さん → 管理人の親

馬鹿は自分を中心に地球が回っていると信じているが、
利口な人はそうではないことを知っている。
これはわたしのモットーである。

100人いれば100の常識があるということも忘れちゃいけない。

自分の人生の主人公は自分であるということも忘れちゃいけない。

璃空のこと

にほんブログ村

ブログランキング

ランキングに参加中です
どうぞよろしくお願いします

楽天からのお知らせ

ご訪問者様

人気ブログランキング

気が向いたときにしか更新しないくせに、ランキング上位を狙っていたりする。憧れは「コメントが多いのでお返事が遅れています」と書き込むこと。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。