スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

強くなれ!

3月末を無事終え、4月突入。

めっちゃ忙しい。

本業もダブルワークも忙しい。

本業の会社に数名の新入社員が入社した。
全員高卒で、全員男子だ。

おまけに全員、地方出身者のため会社で社宅とするアパートを借り上げた。
まぁまぁ・・・・毎日、毎日、目の回るような日々だった。

その中で一人、道外から来た颯くんという子の様子がちょっとおかしい。

いつまで経っても部屋にカーテンがない。

いつまで経っても住民票を持ってこない。

電話をかけて聞いてみた。

「会社が始まると自由な時間がないから、
 早く行かなきゃダメよ」
「道がわからない」
「ほら地図とバスの時刻表を渡したでしょ?
 バスが連れて行ってくれるから大丈夫」
「・・・・・・」
気になって仕方なかったことをようやく聞いてみた。
「バス代ある?」
「ない」
「ご飯、食べた?」
「昨日から食ってない」
「お金・・・いくら持っている?」
「もう底をついてなんも持ってない」

慌てて、事務所に来るように伝え聞き取り調査を行った。

札幌に来るのに生活費として持たされたお金は1万円。
生活用品は布団とわずかな着替え以外なく、
母親にも頼れず、
幼いころ母親と自分を残してどこかに行った父親も頼れず、
他に頼れる親戚もいないというのだ。

「お給料が出るのは4月末なんだよ?
 それまでどうするの?」
「4月の20日過ぎたらカップラーメン送ってくれるっていうから、
 それまでは水飲んで暮らすつもりでいる」

かなり参った・・・・・
お湯を沸かすことができないので、瞬間湯沸かし器の高温のお湯を入れるのだが、
あまり美味しくないと言う。
さらに参った・・・・・

どうにもならずに母親に連絡をしてみたら、
母親は仕事がなく、ようやく食べている状態だと言う。
颯くんのことは心配だが、自分も米が底をついてしまい、
明日からどうやって食べて行こうか思案にくれていると言う。
颯には我慢してもらうしかないと言う。


お手上げだ。


わが子には我慢をさせることも必要だ。
欲しいものをなんでも買い与えてはいけないとは思っている。

しかし、颯くんの母親は食べるのを我慢しろと言っているのだ。
仕事がはじまったら、部屋で昼ごはんを食べるわけにはいかない仕事だ。
コンビニで昼食を買うか、持参したお弁当を食べるしかないのだ。
みんなが昼食を食べている間、指を咥えて見ていろと?

会社としてお給料の前借をさせることはできる。
しかし、まだ入社もしていないのに借金を作らせてどうする。
とは言っても、わたしが3食、弁当を作って食べさせるわけにもいかない。

当座の食費を前借させた。
そして餓死させるわけにはいかないので、
必要最低限度の日用品を会社で揃えることとした。
代金は給料から毎月支払うという約束で・・・・。

そして迎えた昨日の入社式。
入社式のあとには新人講習会があり、わたしも僅かな時間を頂いて講習をした。

最初に他己紹介をしてもらった。
その中で、最初の給料が出たら何に使うかをいれてもらった。

親にプレゼントをしたいという子が多い中、颯くんだけ異色の答えだった。

「早く会社から借りたお金を返したい」

今朝、うれしくて尻尾をブンブン振りながら歩いている璃空を見ていたら、
なぜか颯くんのことが思い出されて、気づいたら号泣していた。
行き場のない怒りや、わたしが何をどうしてあげたらいいのかもわからず、
涙が出てたまらなかった。

今朝、出社してきたら会議室にカップ麺がふた箱。
カセットコンロ、ガスボンベ、ヤカン、箸が置いてあった。

そして皆の方針が決まった。

安易にお金を貸し、颯くんの借金を増やすのはやめよう。

自宅に使わずに余っているものなどを貸し出そう。

そうしたら電子レンジを貸すという人がでてきた。

冷蔵庫を貸すという人もいた。

わたしはカーテンを貸すことに決めた。

会社のシンク下にはボウル、ザル、包丁、まな板、お玉、お鍋に丼があった。
そっくり渡した。

ものすごく小さいけどテーブルがあるという人もでてきた。

頑張れ颯くん。
この札幌で母親と一緒に暮らせように頑張って働こう。
せっかく縁があって同じ会社の仲間となったのだもの、
颯くんがまっすぐに成長するよう、皆で厳しくそして温かい目で応援しているから。

にほんブログ村 犬ブログ 大型犬へ
にほんブログ村


 
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://riku0421.blog91.fc2.com/tb.php/689-d38940e1

Comment

チャラママ

涙が出ます。
会社の皆さんの善意にも...。
若いこれからの青年にとって、
この会社に入社出来て、皆さんに出会えたことが
チャンスだと思う。転機だと思う。
どうか強く生きて欲しいです!
  • URL
  • 2014/04/03 18:52

ひろえ

チャラママ様

コメントありがとうございます。

社内でも賛否両論なんですよ・・・・・
社長は縁があってこうして来たのだから、
餓死させるわけにはいかないと言っています。

その思いを無駄にせず頑張ってくれるとよいのですが。

お金がないから周りの人に助けてもらう。
おそらくそういう生活を子供のころからしていたのではと思うのですが、
それは断ち切ってほしいと強く願っています。

チャラママさんのおっしゃるように、チャンスだ!
転機だと思ってくれるとよいです。

今度、颯くんの話を書くときは、
「頑張っている」って書きたいです。

増税だ、なんだかんだ言っても、
ワンコと過ごす余裕があるのは幸せなんですね。

食べることすら出来ない人がいる日本。
福祉の問題なのか、本人の問題なのかわかりませんが・・・・

企業として一人だけ特別扱いは絶対に間違っているとも思うのですが、
企業の前に、個人として颯くんを見たら?
手を差し伸べることは決して間違いではないのだと信じています。

チャラママさんのコメントを見て勇気を貰えました。
ありがとうございます。
  • URL
  • 2014/04/04 10:26
  • Edit

momo&heartyママ

ご縁って大事ですよね❤

食=命です!
助けられるんだったら助けたいです!
でも確かにただただ上げてばかりでは
彼のためにはならないかも・・・

増税だ、なんだかんだ言っても、
ワンコと過ごす余裕があるのは幸せ・・・本当ですね!

これからの颯くんの話・・・
楽しみに(期待してかな?)しています^^



  • URL
  • 2014/04/05 10:20

ひろえ

momo@heartyママ様

コメントありがとうございます。

わたしのような暴飲暴食はいけませんが(笑)
食べることは大切なことですよね・・・・

食=命

その通りですね。

颯くんだけが大変なのではなく、
他の新入社員もそれぞれ生活があるのに、
颯くんだけをかまってしまったことに反省中です。

颯くんだけ特別扱いされていると思われているようです。

難しいですね。

颯くんが可哀相ではなく、
颯くんが頑張っているという日記を書きたいです!!


  • URL
  • 2014/04/07 10:25
  • Edit

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

ひろえ

Author:ひろえ
2008年3月26日。
生まれ育った北海道からはるばる千葉へ赴いた。
まるで異国に行くような思いだった。
2008年5月30日。
憧れの黒ラブくんと運命の出会い。
2010年8月5日。
一身上の都合により北海道に帰ってきた。
2012年5月27日。
可愛いヨーキーちゃんが家族の仲間入り。

★登場人物紹介★
わたし、母ちゃん → 管理人
璃空 → 主人公の黒ラブくん
マリン → 同じく主人公のヨーキーちゃん
ちびっ子 → 管理人の姪
ちびっ子のママ、妹 → 管理人の妹
お父さん、お母さん → 管理人の親

馬鹿は自分を中心に地球が回っていると信じているが、
利口な人はそうではないことを知っている。
これはわたしのモットーである。

100人いれば100の常識があるということも忘れちゃいけない。

自分の人生の主人公は自分であるということも忘れちゃいけない。

璃空のこと

にほんブログ村

ブログランキング

ランキングに参加中です
どうぞよろしくお願いします

楽天からのお知らせ

ご訪問者様

人気ブログランキング

気が向いたときにしか更新しないくせに、ランキング上位を狙っていたりする。憧れは「コメントが多いのでお返事が遅れています」と書き込むこと。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。