さようなら颯くん

璃空ファミリーのゴールデンウィークはカレンダー通り。
昨日、昭和の日はよい天気だったが家の掃除で1日が終わった。

一昨日の28日は長男君の28回目の誕生日だった。
長男君、自分で商売をやっている。

大学では経営学?とかいうものをお勉強していたらしい。
手堅く頑張っている様子だ。

そんな28日の夜。
主役不在で長男君の誕生日パーティーをしていた。
(決して飲む言い訳ではない)
ちびっ子が「誠兄ちゃんおめでと~」なんて言っている動画を、
長男君にLINEで送ったりしながらのパーティーだった。

3人で最高に楽しく過ごしている真っ最中に電話がきた。
颯くんからだ。

夕方、颯くんに会って話をしたばかりだった。
「お金ある?ご飯食べている?」
そう聞いたら大丈夫だと言っていたが、
やはりお金がなく困っていて電話をしてきたと思い慌てて出た。

「会社辞めることにしました」
あっさりそう言うではないか。

ホームシックでどうにもならない。
仕事をしていても家のことばかり考えてしまうという。

わたしは、わたしも含めみんなキツイことも言うがそれは颯くんを思ってのことであり、
それに応えるように颯くんもよく頑張っている。
社長も褒めていた。
直属の先輩も褒めていた。
一生懸命ここで頑張ってお母さんを安心させてあげようなどということを話し、
なんとか頑張れるよう励ましてみた。

「気持ちはかわらないんで」

「30日の朝に、お父さんが迎えにくる」

「もう辞めるって決めた」

・・・・お手上げである。

そんな今朝、出社してきたらもう颯くんのお父さんが来ていた。

早くに到着したらしく、応接室で社長と話していた。
いや、正確には話し終わったところだった。

颯くんのお父さんはただ迎えに来たわけではなく、
クレームをつけにきていたのだ。ブラック会社だと。
息子が事務員(わたしのこと)にいじめられたと。
何かあればすぐに母親に電話して、母親のことまでいじめると。

幸いにも、社長はわたしがどのようなやりとりをしていたか知っていたので、
社員一丸となって颯くんが仕事しやすい環境を必死で整えたと力説してくれたらしい。

部屋の掃除も早々にして親子で去って行った。
嵐のように去って行った。

負のスパイラルから抜け出せるよう、みんなで応援していた。
本人の負担になりすぎないよう物質面で応援していた。

みんなの独りよがりだったようだ。

お礼を言うことを知らないのではなく、
颯くんにとっては「ありがたい」と思わなかっただけだったようだ。

今度こそ、颯くんのお話はおしまいだ。

おまけ
散歩が楽しくてヘラヘラ笑っている璃空ちゃん。
写真 (11)
(リードをつけていませんが、横には妹が待ち受けており、
 前後には誰もおらず、他の方・璃空の安全には十二分に気を付けております)
にほんブログ村 犬ブログ 大型犬へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://riku0421.blog91.fc2.com/tb.php/693-9a78f817

Comment

チャラママ

なんという非常識な家族だろう...。
非常識な親に育てられた颯くんは、ウソが上手な子になってしまったのでは。
親には会社の悪口ばかりを言っていたようですね。

颯くん自身はホントは頑張ってみたかったのかもしれませんね。
決断は早過ぎたみたいですが。
「ありがとう」が言えなかったけど、
ひろえさんに電話してきたのはきっと感謝してるんだと思います。

振り回され悔しい思いですが(お話を聞いただけで私も)
ひろえさん始め会社の皆さんは、目の前にいる一人の青年を助けようと、
その気持ちは素晴らしいことだと私は思います。

どうか颯くん自身がもっと傷付き、親離れ出来、普通の人間に戻れますように。
自分と同じような子供を産まないことを願うわ。
  • URL
  • 2014/04/30 23:23

ひろえ

チャラママ様

お返事書くのに時間が必要でした。
コメントくださっていたのにごめんなさい。

コメント欄に書き込むので大勢の目に触れないと思うので書きます。

颯くん母子は生活保護を受給していました。
お父さんは颯くんが小さなころに出て行ったとのことでしたが、
偽装離婚だったのです。
生活保護を受給するための偽装・・・・

高校を卒業したら颯くんも仕事をしなければならないので、
とりあえずは就職させ、すぐに辞めて家に帰る。
仕事を続けたいけど体調不良でやむを得ず辞めた。
なのでまた生活保護をくださいっていう図式でした。

颯くんのお母さんに住民票を移動するのに転出届を出すようお願いしたところ、
まだ入社式の前にもかかわらず、いつまで札幌にいるかわからないから出さない。
そう言われたのも今思えばうなずけることです。

いきなり父親が迎えにきたのも不思議だったのですが、
偽装離婚だった聞かされたらあぁ・・・そうかと・・・

まともに字を書くことも難しかった颯くんが、
わたしに辞めると電話をしきたその日に、
なんとも立派な退職届を書いて、ポストに入っていました。
理由は「体調不良のため」
電話ではホームシックでたまらないと言っていたんですよ。

颯くんはこのような不正受給をおかしいと思わない環境にどっぷりはまり込んでいます。
抜け出すのは難しいでしょうね・・・・。

とても残念ですが。

颯くんが負のスパイラルから抜け出せるように、
社長を含めみんなで応援したのに、颯くんにはその思いが届きませんでした。
むなしさだけが残っておりましたが、
なんだかんだ文句を言っている会社でも、
人情っていうものがある会社なんだな。
いまどき、いい会社だなって思えました。
そしてチャラママさんの
>会社の皆さんは、目の前にいる一人の青年を助けようと、
>その気持ちは素晴らしいことだと私は思います。
この言葉がものすごくありがたかったです。
ありがとうございました。


  • URL
  • 2014/05/12 11:06
  • Edit

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

ひろえ

Author:ひろえ
2008年3月26日。
生まれ育った北海道からはるばる千葉へ赴いた。
まるで異国に行くような思いだった。
2008年5月30日。
憧れの黒ラブくんと運命の出会い。
2010年8月5日。
一身上の都合により北海道に帰ってきた。
2012年5月27日。
可愛いヨーキーちゃんが家族の仲間入り。

★登場人物紹介★
わたし、母ちゃん → 管理人
璃空 → 主人公の黒ラブくん
マリン → 同じく主人公のヨーキーちゃん
ちびっ子 → 管理人の姪
ちびっ子のママ、妹 → 管理人の妹
お父さん、お母さん → 管理人の親

馬鹿は自分を中心に地球が回っていると信じているが、
利口な人はそうではないことを知っている。
これはわたしのモットーである。

100人いれば100の常識があるということも忘れちゃいけない。

自分の人生の主人公は自分であるということも忘れちゃいけない。

璃空のこと

にほんブログ村

ブログランキング

ランキングに参加中です
どうぞよろしくお願いします

楽天からのお知らせ

ご訪問者様

人気ブログランキング

気が向いたときにしか更新しないくせに、ランキング上位を狙っていたりする。憧れは「コメントが多いのでお返事が遅れています」と書き込むこと。