スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

虹をみた

  • 2014/09/20 07:07
  • Category: 璃空
木曜日の朝のリクとの散歩。

わたしはマー君のことを思い出しながら歩いていた。


訃報を知ってからずっとマー君とマー君の家族のことを考えていた。
涙がとまらなかった。


17歳で虹の橋にいったマー君。

親も子供も、天国に行ってよい年齢というのはない。
でもマー君は「きめていた」のだ。

受け入れるのは難しいけど、現実なんだって言い聞かせてた。

綺麗に澄み切った青空に虹がかかっていた。

雨も降っていないのになぜ虹なんだろ?
珍しいわぁ・・・・。
そう思って家に帰った。

しばらくすると空が暗くなってきた。

家の窓からもまだ虹が見えた。

20140918-001.jpg


マー君でしょ?マー君、わたしとリクのところに来てくれたんでしょ?

「わしは幸せだす。リクもいい仔で頑張るだすよ」
ってわたしたちに会いに来てくれたんでしょ・・

ありがとう、マー君。

マー君ママが札幌に来てくれた帰り道に一緒に虹を見た。
マー君ママは、ブログでこう書いてくれていた。

虹の橋の先端は、遠く私の町につながっていて、
同じように、リクの心の中の虹も、遠くの、私達の心の奥につながっていてくれたらいい。


わたしの側にはいつも大暴れのリクがいたからあまり遊べなかったけど・・・
わたしはマー君のことが大好き。マー君のこと忘れない。

わたしに抱っこさせてくれて嬉しかったんだ。
もう1度、会いたかった。

ありがとう。本当にありがとう。

この日の午後、マー君はお空にかえっていった。
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://riku0421.blog91.fc2.com/tb.php/715-09c9dfb8

Utility

プロフィール

ひろえ

Author:ひろえ
2008年3月26日。
生まれ育った北海道からはるばる千葉へ赴いた。
まるで異国に行くような思いだった。
2008年5月30日。
憧れの黒ラブくんと運命の出会い。
2010年8月5日。
一身上の都合により北海道に帰ってきた。
2012年5月27日。
可愛いヨーキーちゃんが家族の仲間入り。

★登場人物紹介★
わたし、母ちゃん → 管理人
璃空 → 主人公の黒ラブくん
マリン → 同じく主人公のヨーキーちゃん
ちびっ子 → 管理人の姪
ちびっ子のママ、妹 → 管理人の妹
お父さん、お母さん → 管理人の親

馬鹿は自分を中心に地球が回っていると信じているが、
利口な人はそうではないことを知っている。
これはわたしのモットーである。

100人いれば100の常識があるということも忘れちゃいけない。

自分の人生の主人公は自分であるということも忘れちゃいけない。

璃空のこと

にほんブログ村

ブログランキング

ランキングに参加中です
どうぞよろしくお願いします

楽天からのお知らせ

ご訪問者様

人気ブログランキング

気が向いたときにしか更新しないくせに、ランキング上位を狙っていたりする。憧れは「コメントが多いのでお返事が遅れています」と書き込むこと。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。